■ 制作 ■

企画:Production ティープクアー

原作:矢立肇/富野由悠季『機動戦士ガンダム』より

脚本:榎木駿(THALIA GARDEN)

設定/構成:橘和哉(THALIA GARDEN)

編集:大地(Production ティープクアー)

キャラクターデザイン:嵯峨野真幌(R.O.T.S.Group-JAPAN,)

メカニカルデザイン:橘和哉(THALIA GARDEN)

 

■ キャスト ■

ナレーション:dolphyn

レイジ・リーヴァ:大地

イヴァン・ホンツァーリ:Turkey

アルバート・ラディック:榎木駿

 

■ 音楽 ■

『もうひとつの未来〜starry spirits〜』

(PS2『SDガンダム GGENERATION SPIRITS』OP&EDテーマソング)

作詞:青山紳一郎

作/編曲:多東康孝

歌手:森口博子

 

■ キャラクター ■

 

 

 

               男

               17

 

 

 RX-79[G]陸戦型ガンダムのパイロット。

 地球連邦軍オデッサ方面隊所属の整備兵で階級は一等兵。

配属されていた基地をジオン残党に襲撃され、壊滅的打撃

受けた友軍の死に目に涙しながらも生き残るためMSに乗

り、襲撃を受けた基地から何とか脱出した。
 ちょうどその時に乗り込んだMSが、先の戦闘で小破し、

地内で応急処置を施し終えたばかりの陸戦型ガンダム

だった

 

 CV:大地

 

 

 

 

               男

               25

 

 

 MS-06J陸戦型ザクのパイロット。

 オデッサの街に住む民間人で、街に本拠地を置くゲ

のリーダー的存在。

 郷土愛と家族愛に対してはまっすぐで人一倍強く、妻

マリヤと娘のカーシャをいつも気にかけている心優

い青年。

 

 CV:Turkey

 

 

 

 

               男

               27

 

 

 MS-09Fドム・フュンフのパイロット。

 部隊はキシリア・ザビ配下の突撃機動軍オデッサ方面軍

所属で階級は大尉

 オデッサ作戦ではMS-09ドムに搭乗、任務遂行中に戦死を

遂げた親友が搭乗していたMS-07Bグフのヒートサーベルを

として愛用し続けている

 

 CV:榎木駿

 

 

■ メカニクス ■

 

 

 

               RX-79[G]

               18.0m

               52.8t

 

 一年戦争時、モビルスーツの量産化計画の一環として、RX-78

シリーズの規格落ち部品、不採用部品などの余剰パーツを流用し、

臨時的に量産機を計画、戦時急造されることとなった量産型ガン

ダムである。

 流用されている規格外部品類は主にジェネレーターや内部構成

部品であり、外見自体はRX-78の量産機というものではなく、一

部パーツ流用による姉妹機に近いものであったと言える。

 RX-78のものとほぼ同等の性能を持つ高出力ジェネレーターを

持ち、装甲も同じルナ・チタニウム合金で作られるなど、極めて

高い性能を有する。

 

 

 

 

               MS-06J

               17.5m

               74.5t

 

 ジオン軍が開発した汎用モビルスーツ「ザク供廚涼肋綫鐺型。
 右肩のシールドに格闘戦を想定したスパイクを追加する機
体が

多く、F型とは機体色も一部異なり、密林や山岳地帯に合わせて

濃色を採用している機体も多い。
 本機もそのシールドスパイク装備のJ型である。
 ミノフスキー粒子影響化の戦闘においてはレーダーやロッ

ン機能に支障をきたす事も多く、オデッサやアジア方面ではフレ

ンドリーファイヤ(友軍誤射)を想定した戦法も存在したため、

特に機体導入数の多かったザク兇蓮破損や投降によって乗り捨

てられた機体を連邦側が鹵獲したものや、その土地のゲリラが

取し運用した例が数多く見受けられた

 

 

 

 

               MS-09F

               18.5m

               79.0t

 

 地上戦において絶大な戦果をあげたMS-09ドムの発展機

で、後の09F/TROPドム・トローペンの前身となる、厚い

装甲に熱核ジェットエンジンを搭載し、主に砂漠や密林

地帯での運用に長ける機体。
 生産数は極めて少なく、前述の09F/TROP、09G
ドワッジ

が建造、生産される間のわずかな期間だけ運用されていた。
 機体性能は飛躍的に向上したものの、比例して
機体重

が増加した影響もあり、吸気量の多い高出力熱核ジェット

を採用している。
 作戦行動時間が従来機に比べて短く、
修理の際には部

品の規格が合ないなど、手間がかかる機体となって

しまった

 

Production ティープクアー / THALIA GARDEN / R.O.T.S.Group-JAPAN,

   



ティープクアー